馥郁たる甘さのなかにも、清らかで気品高い香りが覗えるからである。